« [A-2009-06-03-1] カテゴリー『非窓非空』の性格 | トップページ | [M24] キリストは言葉(俗諦)であるが故に、死と復活によってそれ(真諦)にならなければならなかった »

窓は空・空は窓の目次

記事は、目次項目の下にあるリンク(薄いピンク色)をクリックすると、表示されます。

   ---------------------------------------
            第1章 はじめに
   ---------------------------------------

[M1] このカテゴリーの性格・定義
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_82c7_2.html
初めての方は、必ずここをお読み下さい。
[M6] からが、本格的内容になります。

[M2] 弥陀の来迎---------過渡的妄想①
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_e0b4.html

[M3] 行政権のみがある------過渡的妄想②
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/m2_e69f.html


[M4] あるのは人情だけ------過渡的妄想③
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/m3_0e18.html

[M5] 執著からの解脱・人情・安心--過渡的妄想④
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/m4_bbe3.html


   ---------------------------------------
           第2章  非連続の跳躍と土台の構築
   ---------------------------------------

[M6] 出発点・立脚点の明確化
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_2e42.html


[M7] 中枢における主役の交代と世界の見方・見え方の転換
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_91b2.html


[M8] 新たな中枢構造における動的態様と方向性
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_7262.html


[M10] 慈眼視衆生
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_8e3c.html


   ---------------------------------------
            第3章     道中
   ---------------------------------------

[M11] 散乱・昏沈・懈怠の試練
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_831e.html


[M12] 観の座の構築日記
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/m_f57a.html


[M13] 空(自性無性)と欲界・色界・無色界の解体
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-79f5.html


[M14] 唯識でいう依他起性とキリスト教でいう被造物性
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-ea8b.html


[M15] 十牛図と洞山の五位
http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/post-0c57.html


[M16] 空と個および自己の解体=存在・所有の解体

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-eb9a-1.html

[M17] 真諦・俗諦・非想非非想処

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-bff0.html

[M18] 即心即仏・非心非仏---前稿の補足として

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/post-1e95.html

[M19] 真諦・俗諦の定義

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-7b07.html

[M20] 俗諦的表現の段階性
          (即非の論理・絶対矛盾的自己同一の論理の終焉)
          (理事無礙法界・事事無礙法界の再参究)

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-2940.html

[M21] 俗諦の仮設性と世界の被造性
          (仏教とキリスト教の平行理解の根本)

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-ffe1.html

[M22] 絶対者は自己を無化する(著者・・和真[かずま]さん)

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-501e.html


[M23] 中観・唯識・言葉・ロゴスの位置づけ

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7e0a.html


[M24] キリストは言葉(俗諦)であるが故に、
                死と復活によって、それ(真諦)にならなければならなかった

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-506b.html


[M25] 解体と包摂・・・縁起世界および大悲心の理論的根拠

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/m-e2ad.html


[M26] 知(言語的認識)と愛(大悲)の関係・・・知の墓場

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/post-27f1.html


[M27] キリストは言葉(俗諦)であるが故に、
                  死と復活によって、愛(大悲)そのものにならなければならなかった

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-90d8.html


[M28] 重要記事のため、カテゴリー『中論参究』の下記の記事を、
     当カテゴリーの[M28]として、共有記事と致します。
          どちらのカテゴリーの中にも位置づけられ、参照できるという趣旨です。


     カテゴリー『中論参究』
     [TS24-1-1] 中道(に位置する俗諦)の役割とキリストの役割の同義性

http://hokkai53.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-2322.html

|

« [A-2009-06-03-1] カテゴリー『非窓非空』の性格 | トップページ | [M24] キリストは言葉(俗諦)であるが故に、死と復活によってそれ(真諦)にならなければならなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [A-2009-06-03-1] カテゴリー『非窓非空』の性格 | トップページ | [M24] キリストは言葉(俗諦)であるが故に、死と復活によってそれ(真諦)にならなければならなかった »