自己紹介文

-------------------------------------------------------------
       はじめに(一般共通のプロフィール)   
--------------------------------------------------------------

  ここは、一般共通のプロフィールです。この下に《宗教的プロフィール》と《パソコン的プロフィール》がございます。

  西方法界(にしかた・ほっかい)と申します。60歳。いわゆる団塊の世代です。

西方法界(にしかた・ほっかい)というのは、仏教を意識した仮名です。坊さんではありません。本名は、もっと普通の名前です。無法地帯のWEB上に公開するので、仮名にさせて戴きました。その結果生じる不都合については、その場面場面での必要・事情に応じて対処するつもりでおります。

 十代の若い方から、年長のお年寄りまで、幅広く御縁があればよいと思っています。
  このブログに関して、私は特別の構えをもっておりませんので、どのような方がどのようにでも関わっていただいて結構です。
  但し、ふざけた内容・不真面目な内容のものだけは、削除させていただきます。そうでない限り、批判的であろうと、私と正反対の立場のかたであろうと、私がお叱りを受けようと、さしつかえはありません。また、ユーモアを排除するものではありません。ユーモアは大歓迎であり、楽しくやっていけることはすばらしいことです。

 おそらく、検索中にふと目に止まった方が見て下さる程度だと予想しておりますが、このブログがそういう方々との合作として成長していけばよいと願っておりますので、遠慮なくコメントをお寄せ下さい。
  どういうブログにするかというようなことは、特に考えておりません。行き当たりばったりです。

平成19年2月27日開始

-------------------------------------------------------------
               宗 教 的 プ ロ フ ィ ー ル
-------------------------------------------------------------

 体質的には禅宗が合いますが、まねごとをした程度で、本格的な参禅をしたわけでもなく、特定の宗教宗派にも属しておりません。仏教もキリスト教も統一的に捉えてしまう癖があります。仏教とキリスト教は、どういう抽象度で捉えるか、またどういう点に着眼して捉えるかで、同じとも言えるし、異なるとも言えると思います。私は、無意識のうちに共通に捉えようとする傾向のほうが大きいと思われます。ちなみに、私は仏教徒、女房はキリスト教徒で、宗教的夫婦喧嘩(?)などはしたことがありません。

 私の宗教関係の記事については、『客観的に正しいかどうか』ということは、問題にしてはおりません。あちこちから引用することもありますが、それらは一切の公的権威に裏付けられているわけではなく、単なる私の理解であり、一切は私個人の独断です。キリスト教は、こうだ、といっても、本家本元のキリスト教ではそういっているとはかぎりません。禅宗はこうだ、といっても、私はきちっとした禅宗の参禅を通ったわけでもありません。すなわち、本当の禅宗はそうであるとはかぎりません。ただ、自分としては真摯に追求してきたものである、ということだけは天地神明にかけて誓います。 が、そこから先は極めて主観的な理解を、その意味で『ひとりよがりに』、書いております。すなわち、このブログは、学問的記述ではなく、求道的記述であり、しかも未到達者による記述です。

 宗教の窓では、私は一つだけ明確な願いを持っております。それは、若い人に是非宗教に関心を持ってもらいたい、ということです。私は三十三歳の時に、宗教に出会い、私なりの好みはあるものの、特定の宗教宗派には関わらず、宗教というものが、自分の中心に位置づけられた人生を歩んできました。それには、それ相当の悩みや苦しみがありました。私は、悩みや苦しみを抱えた若い人と共に歩みたい、と強く願っております。

    -----------------------------------------------
          ブログ開設後一年三ヶ月を経過して
    -----------------------------------------------

この間の経過は、いろいろな意味でブログ開始当初の想像をはるかに超えるものでした。予想だにしなかった展開になりました。

その中で、表に裏に多くの方が接触して下さり、なによりもまず、そのことによって私自身が変わりました。正確には、変えて戴いたという方が適当でしょう。
この一年三ヶ月を通して、私は自分をさらけ出せば、周りから多くの救いの手が差し伸べられることを学びました。

この場で、深い感謝の意を表する次第です。

平成20年6月17日

-------------------------------------------------------------
          パ ソ コ ン  的 プ ロ フ ィ ー ル
-------------------------------------------------------------

パソコンは、必要があってごく小規模の事務処理プログラムを作って自分で使っている程度にやっております。従って、スタンドアロンのデスクトップアプリケーションのみで、WEBアプリケーションなどは全く無知です。
 履歴は長く、MSDOS の前の時代、PC8001 の頃(今となっては知らない方も多いと思います)から、アセンブラ・Basic・C・C++ ときて、現在は C# を使用しています。昨年秋からは、PowerShell を使い始めました。多少オタクっぽい血が流れているかもしれませんが、細々と長く、半分は狭い利用範囲での必要性を満たしながら、半分はそれが趣味的にもなっていて、ずっとやってきたというイメージでしょうか。
 
 コンピュータにやらせたいちょっとした事務処理事項をかかえている者にとっては、自分でアプリケーションを作ると大変便利なんですよね。しかし、WEBばかりで、古典的なスタンドアロン・デスクトップ環境のプログラミングなど、全くはやらない時代になりました。昔からやってきた者の目から見ると、.Net Framework, C#(or VB), PowerShell というのは、夢のようなソフトウエア環境だと思うのですが、今は一通りのことは何でも満たせるようになりましたから、殊更プログラミングなどに手を出す必要もないのでしょうね。
 
 身辺にこの辺の話相手が全くいないので、ネット上で交流できる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。素人同士の、低次元のやりとりを望んでおります。

 ネット上からは、いろいろ情報を戴きますので、私もできる範囲でどなたかに役立ちそうな情報があれば、発信したいと思っております。